BLOG

REGAL(リーガル)の新品靴に底張り(ハーフラバーソール)をしました。

2018/11/15
REGAL(リーガル)底張り(ハーフラバーソール)

新品のREGAL(リーガル)に底張り(ハーフラバーソール)をしました。

ソールは、もともとレザーのソール(革底)がついています。

このまま履かれる方もおられますが、当店では、底張り(ハーフラバーソール)をすることをお勧めします。

底張り(ハーフラバーソール)をするタイミングですが、しばらく履いて、革をなじませてするのが良いと言われるお店もあるようです。

当店では、おろしたての新品の時にお勧めしています。

確かに、革をなじませから底張りもできますが、使用することで、ソールはすり減ります。

均等にすり減っていけばいいのですが、どこかが片減りしたりします。

すり減ったソールにあわせて、底張りをしないといけませんので、均等なバランスでつける事ができません。

その点、新品状態であれば均等につける事ができます。

新品でも、履かれてすり減った状態でも、必ずペーパーでラバーを張るところを削ります。

削った上にラバーを張ります。

削る事によって、接着材がしっかり浸透して接着力が高まります。

特にレザーソールは、滑りやすく、ラバーソールに比べ減るのも早いです。

基本的にレザーソールが使われている靴の方が、購入するのに費用がかかります。

高いから、底も持ちがいいとかではありません。

先に底張りをする事でオリジナルソールを保護できます。

すり減りが激しくなってくると、張っていたラバーソールもはがれてきますので、歩行中に違和感を感じてきます。

その時は、また底張りをする事で靴が長持ちします。

どうしても、ゴムは張りたくないという方には、レザーのハーフソールもできます。

おたずねください。

 

修理のbefore、Afterはこちらからどうぞ。

https://shoerepair-tom.com/gallery/20181115-925/