BLOG

REGAL(リーガル)のレザーソールをラバーソール(ビブラム#2055)に交換しました。

2018/12/12
REGAL(リーガル)ソール交換(before)

REGAL(リーガル)のレザーソールをラバーソール(ビブラム#2055)に交換しました。

もともとのレザーソールにすり減って穴が開いています。

レザーソールにはハーフラバーソールを先に張る事によって、オリジナルソールを長持ちさせることができます。

ソールが薄くなる前でしたら、ラバーハーフソールも張れたのですが、薄くなったソールには張れません。

オールソールでの対応になります。

お客様はラバーソールでの交換をご希望されました。

ということで、当店でもおススメのビブラム#2055ソールでの交換です。

デザインは英国製のダイナイトソール非常に似ています。

ヒールもセットで交換します。

材質的には、ダイナイトソールとは違い粘りのある素材になります。

日本製の三陽山長の靴などにも使われているソールです。

グリップ力、耐久性も高いソールですので、すり減りが気になる方には特におススメします。

ヒール、すり減ったレザーソールをウエルトを傷めないように取り外し、中のコルクも交換します。

グッドイヤー製法の靴は、もとのウエルトをそのまま使います。

ビブラム#2055ソールを取り付けて、コバをそろえて出し縫いにかけます。

ソールの底縫いは、当店には設備がないため外注になります。

底縫いに出すと、靴が戻ってくるまで2週間かかってしまいますので、底縫いの必要なオールソール交換は、当店では納期を1ヵ月前後頂いております。

底縫い後、ヒールを取り付けてもう一度コバをそろえて色を入れて仕上げます。

使う部材、ソールの状態などにより、納期や料金が変わりますので、要見積りになります。

お見積りは無料です。

お気軽にご相談下さい。